忍者ブログ
++ モヤモヤさまぁ~ず2のレポ中心 ++
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年12月26日に、伊藤Pから年明け1月3日に90分SPを放送したいと申し出があった。
何という直前。

モヤモヤさまぁ~ず
時間がないのですぐロケに突入する。
北だからという理由で伊藤Pから手袋を渡される。

「北に対してどういうイメージなんだ」と大竹。

晴れた日なのに、わざわざ日陰の寒そうな場所にスタンバっているさまぁ~ず。

002.jpg
大竹三村が「あれっ、大江」と軽く驚く体で大江登場。
入社丸6年目になる大江に対して「6年も経つとイイものを着てるよね」と三村。
すると、いやいや、そんな良い物は着ていませんよ的な大江の失言。

「GAP、GAPです」

庶民的な大江らしい自動的な失言。

『とれ高サイコロ』が最初から登場し、大江がわざわざその意味を説明している。

003.jpg
【三村を無視しろ!!】が見えている。

004.jpg

早速ブラブラする三人。
すると最初のお店発見。

005.jpg



木彫りがでしゃばるクリーニングショップ光洋舎。

大江 「どうですか、今年の干支だし」

三村 「う~ん……いら、ないかな…」

大竹 「大丈夫です」

でた、大竹得意の大丈夫です発言。

 モヤモヤさまぁ~ず

何も聞いてないのにグイグイ出てくる店主。
チョイ面倒くさい感じがする。

店主の子供が出てくると、会話そっちのけで子供が着ているタートルネックが気になっちゃう大竹三村。

007.jpg

じゃあまたきます、という三人。こういう時は絶対にまた来ない。

008.jpg

続いて木彫りからすぐ斜め向かいの「おぎはら電気」へ。
ドジ大江が自動ドアの前に不用意に近付いてしまい開いてしまったので入ることに。

009.jpg

食器棚の中に電球や電気ポッドまで入っているファンキーな電気店だ。

010.jpg

何故棚に商品が入っているか店主に尋ねると、いつか電気屋を辞めたら使っちゃおうと思っているらしい。何だか凄い。

011.jpg

店主のお母さんが店番をしており、年齢を尋ねると92歳。
かなりしっかりしている。
驚く三人。

012.jpg

三村「あんまり90代の人になかなか出会えない」

自動的に人を傷付ける三村が「お婆ちゃんコレどうやって使うのって聞かれたら説明できるの?」と発言。
できないできないと苦笑のお婆ちゃん。

013.jpg

畳み掛けるようにお婆ちゃんをいじる。ノンフロンの意味を尋ねると…

014.jpg

一通り見て、もういっか、と思った大竹が

「分かりましたぁ~」

と帰りたがる。
分かりました、よし!、大丈夫です!と大竹が発言した時は立ち去りたいサイン。

00.jpg

東京じゃないような感じの北新宿をを楽しむ三人。

016.jpg

大竹「北新宿なのに西日だね」

狭い路地に入った途端、この先も定番となる1000円自販機が見つかる。

017.jpg

一夢1000円にかなり食い付く三人。
PSPも入っている(らしい)自販機に「嘘付けよ!」と三村。

大竹「やろうぜ!!」

大竹の大声が路地に響く。自分のお金だったら絶対やらないはずだ。

試しに商品取り出し口を開けると、すでに商品が入っていた!
中身はリング。
要らない人が置いていったらしい。

まず三村がトライ。7番のボタンを押すが、軽い音。

018.jpg
ハンディラジオが出る。AMFM切り替えができる。

続いて大竹。

019.jpg
売り切れボタンを見つける。

大竹、13番のボタンを押す。

020.jpg

軽いタッチで出てきた白い箱。

021.jpg

出てきたのはネイルケアセット。
一同笑う。
大江が得意とする、腰から落ちる笑いがすでに出そうになっている。

続いて大江。
4番を押す。重い音!

0000.jpg

一同テンションが上がる。
しかも出てきた箱が…

00000.jpg

でかい。
そして出てきたのは…

022.jpg

「Mingdu製」のステンレス腕時計。
ミングドゥ出たよ、あの!?的なノリのさまぁ~ず。

出た商品がショボイので、もう一周することにした三人。

三村、二度目のチャレンジ。
結構イイ音の箱。

023.jpg
しかし出てきたのは「HERBE」のレザーキーケース。

モヤモヤさまぁ~ず

大竹も二度目のチャレンジ。
大きな箱が出る。
大江のテンションも上がる。

しかし出てきたのは、箱に対して小さすぎる「TEX JOY製」の万 能文房具セット。

モヤモヤさまぁ~ず

025.jpg

あれ?大江は二週目チャレンジしたのかな。
とりあえず満足して立ち去る三人。

モヤモヤさまぁ~ず

続いて「覆面屋工房」へ。かなり食い付く三人。
マスクをご自由に洗ってよろしい洗濯機が店前に置いてある。

モヤモヤさまぁ~ず

プロレスファンには有名な、リッキー・フジのお店だ。
店内に入ると気さくな店主登場。マスクは手作りで1つ1つ作り、タイガーマスクのマスク等も手がけている。

028.jpg

モヤモヤさまぁ~ず

リッキー・フジによると、マスク顔というのがあり、似合う人、似合わない人がいるらしい。

三村がデストロイヤーのマスクを試着。

モヤモヤさまぁ~ず

目、鼻、口が結構でか目の三村は、マスクが似合う。
首元の布がダルダル。

大江も試着。
タイガーマスクの女子レスラー版のような、黒いタイガーマスク を被ることに。
大江に足りないエロスが出るのではと、さまぁ~ず。

大江、ニコニコしながら

モヤモヤさまぁ~ず

「私にないものが!」

リッキー・フジに手伝ってもらいマスクを被ろうとする大江だが、中々被れない。

「んわ~!ぬぉ!」

「はー!」

「ふわー!はー!苦しい!」

大江麻理子

「んむ~!きゃー!んん!!」

と、エロヴォイスになっていく大江。
大江は上品そうな佇まいなのに、意外と天然な大胆発言したり、天然なエロさもあり面白い。

その後も必死に被ろうと試みる。

大江麻理子

ウケる大竹。

ようやく被ることに成功した大江はヘットヘト。

三村「ボロボロキャットだな」

大江麻理子

かなり似合う大江のマスク姿。
大江は目が大きく特徴的なので、マスクが映える。
大竹も「いいよ!」と太鼓判。

いい。
凄くイイ。
大江のマスク姿に萌える。エロスが出た。

最後に三人がマスク姿になってポーズを決めるが、結局三人とも似合う。

大竹はカッコイイ。
大江はエロい。
三村は…デストロイヤー。

モヤモヤさまぁ~ず

意外と面白い北新宿にご満悦の三人。

ここで、とれ高サイコロの登場。
出目は

モヤモヤさまぁ~ず

嬉し困りつつ、すぐ近くの白い小さな像を買おうか値段を見ると

…315000円。買えません。

そこで向かったのが「おぎはら電気」。
多分、10万円遣え!が出て一番嬉しいのは大江だと思う。

戻ってくると、お婆ちゃんだけが店番をしている。

大江「オススメの物ってありますか?」

お婆ちゃん「オススメったって、結局その家で必要なものでなきゃ」

と、ごもっともな返答。
素晴らしい。

三村は電気髭剃りを買おうとするが、値段が不明。
お婆ちゃんに尋ねても、値段シールが付いていないと分からないという。

モヤモヤさまぁ~ず

大竹は空気清浄機を手に取ると、値札を剥がした。
何とそこには「非売品」の文字が。

モヤモヤさまぁ~ず
売っちゃうの?サンプルでしょ。

空気清浄機が欲しい大竹。
しかし、買おうとするものに値札がない。
店外に出てショーウインドウ越しに空気清浄機を見つけるが、やはり値札がない。

大竹「じゃあ買えねぇや」

モヤモヤさまぁ~ず

結局、大竹は非売品と書かれていたものをチョイス。
三村は掃除機。
大江は炊飯器をゲット。この炊飯器は実際に使っていますとブログで報告していた。

大竹が言う。

「俺、これ4万しねぇと思うんだよ」

何と、見本シール付き空気清浄機のお値段は44300円。
んなバカな。

三点で10万2240円だったが、おまけしてもらって10万ジャストにしてもらう。

モヤモヤさまぁ~ず
結局おまけしてもらったにしても、申し出なければ見本品すらおまけしないガッツリさが92歳のお婆ちゃんに見えた。しっかりしている。
おまけした理由は…

モヤモヤさまぁ~ず

大人数に弱かったらしい。

電気屋を出た三人は空腹になってきた。けどまだ食べられない。

モヤモヤさまぁ~ず

続いて向かったのは-30℃の世界「新宿氷業(株)」。
こんな貼り紙がある。

モヤモヤさまぁ~ず

斜めカットで飲みやすい全部氷で出来ているビールジョッキを見せてもうらことにする。

モヤモヤさまぁ~ず

ジョッキは-30℃の世界に保管してある。伊藤Pから貰った手袋の意味はここにあったらしい。

極寒の世界に身悶える三人。

わざわざこの-30℃の中で、氷のジョッキにビールを注ぎ、飲もうとしている。

モヤモヤさまぁ~ず

ジョッキがビキっとひび割れ。
慌てる社長のおやっさん。
ジョッキをある程度常温に近付け、冷えたビールを注がないと割れるのだとか。そりゃそうだ。

大竹「太ももが(寒くて)異常だな!」

一応飲むが寒すぎて帰りたい三人。

しかし、このおやっさんが帰さない。
ここぞとばかりに自社製品を猛アピールするのだ。

【モヤモヤPOINT】
色々見せたがる


のそりと動くおやっさんに三村がツッこむむ。

「動きがおせぇよ!」

容赦ねー。

【モヤモヤPOINT】
動きが遅い。


オリジナルの丸い氷を見せるおやっさん。

大竹「分かりましたぁ~」


とにかく帰りたいのだ。

だがおやっさん、いやまだあるんですよ。

一同「え~!」

で、出してきたのが普通の氷。
無理やりだな~。

【北新宿モヤモヤSPOT(5)】
氷のジョッキを作る氷屋さん


命からがら出る三人。
暖を取るために喫茶店に行きたがる。

早速「喫茶ヒデシロ」へ入店。

ブラブラ歩きはある程度リサーチして歩いているみたいだが、飯 屋は本気でアポなしなので怖い。
大竹もそれを気にして、

「大丈夫なの?カメラバンバン回っているけど」

と心配。しかしお客はスルー。

【モヤモヤPOINT】
テレビが来たのに誰も気にしない


■この日の食事■

大竹・・・生姜焼き
三村・・・コロッケ定食⇒やはりメンチに。
大江・・・チキンカレー


ご主人の提案で、コロッケよりお勧めのメンチカツに変更。ご主人の手の動きが面白い。
薄目で見ると冠次郎みたいだ。

【モヤモヤPOINT】
ボディアクション付き


旨いと好評のヒデシロ。
大竹が自然と三村のメンチを食べちゃう。大江も「いいですか?」と大竹の生姜焼きを貰う。

三村「食ってるシーンを丸々映すって凄いよ」

大江「恥ずかしいですよね」

この先、食べるシーンでもっと恥ずかしい思いを何度もすることになる大江の予感めいた発言。

【北新宿モヤモヤSPOT(6)】
600円の定食を出す喫茶店


ここで北新宿は終了。

一応のルール、として「訪れたモヤモヤSPOTを地図に書き残す」
という作業があるが、面倒くせぇのか、この先二度とない企画に

なった。
ちぃ散歩の最後的な。

とりあえず今回は大竹が書いた。
雑だ。

北新宿は終わったので、今度は西新宿に行こうと大江が提案。

西新宿編に続く。


<<訪れた店>>

クリーニングショップ光洋舎
おぎはら電気
覆面屋
新宿氷業(株)
喫茶ヒデシロ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
これまでのモヤさま
最新コメント
最新トラックバック
Copyright © モヤさまにあ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]