忍者ブログ
++ モヤモヤさまぁ~ず2のレポ中心 ++
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天空橋のつづき。
桜が五分咲きくらいの中、天空橋ブラブラ。

天空橋のつづき。

桜が五分咲きくらいの中、天空橋ブラブラ。

大江「あったかいですね今日は」

大竹「よし、ここはメシだな」

突然の大竹メシ隊長によるメシ宣言。

三村「おかしいって!」

aa25ec62.jpeg

三村「さっきプリン食って、多少のハラヘリを抑えたじゃん」

大竹「ちょっとモヤモヤっぽいのあったら入ろう」

すでに定食屋をロックオンしている大竹。

三村「いやいやいやいや、オレもう見えてたもん!」

ef14b21c.jpeg

奇妙な人形が目印のメシ屋発見。
なんでコレにしようと思ったんだろう。

大竹「もうここで食うしかないよ」

三村「だってこれなんだよ、たこ一匹って」

1e95463d.jpeg

特別珍しくないメニューではあるが、匹という漢字に「ぴき」とふりがなをふっているのが珍しい。読めるわ。

大江「番付けみたいのありますよ」

1e95463d.jpeg

大竹「大関、たこ一匹!」

三村「人気あるなぁ~!」

大竹「とんかつのインド風があるよ」

何となく予想が付きそうなネーミングだが…。

大竹「もうないよ、ここで食うしか」

三村「何でもうないの!」

三村の言うことはごもっともなのだ。
この通りにはメシ屋が何軒かあるのだ。しかし中でも奇妙な看板を出しているこの店がモヤっていた為、ここに決まった。

ということで「ことぶき」に突撃。
場所はこちら。

ことぶき そば
〒144-0043, 東京都大田区羽田5丁目8−2


ごく普通の定食屋って感じであるが、店内ではテレビでWBCが映っているので大竹三村はそれだけで満足。

女将さん登場。
番付けの不備な点を指摘する大竹三村。

三村「これ、お客様100人に聞きましたって…」

大竹「170票入ってるけど…」

女将「あら本当だ!」

edcfbd0f.jpeg

多分同じ客が何個も答えちゃったんだろうな。

大竹「コレ全部足したら1000人くらいになるけど」

女将「ああそうですね。それ消しときます」

マジ間違えだったみたい。

c88ae7ed.jpeg

謎のメニュー盛りだくさん。

三村「じゃあ今から、何か聞いちゃいけないシステムにする?」

89fb7d4c.jpeg

大江「オリジナルカレー…アダルトな味」

大竹「シティ感覚のあなたへ」

52708b98.jpeg

何の基準だか分からないカレーメニューが多いのだが、先ほどみた「とんかつインド風」が気になった三村。
しかしこのメニューはランク外なのも気になる。

90b1d83e.jpeg

結局、羽田プリンが腹に溜まったまま注文することに。

0fa1ea79.jpeg

軽めに注文するが、たこ一匹だけは気になるので注文する。

bfae0f26.jpeg
大江のことぶきおろし

女将「とんかつのインド風です」

出てきたのは面白くもなんともない、完全に、そして何となく予想できた通りカツカレーだった。

三村「これカツカレー…」

女将「カツ…あぁそうでしたかぁ~」

e336f69c.jpeg

三村「ガハハハハハ!」

大竹「何とぼけて」

さー大竹のメシ。

1c65fbef.jpeg

豪華風だ。
色々入っていて旨そう。

三村「旨そうじゃん!マジやったね!」

大江「豪勢ですね」

そしてお待ちかねの、たこ一匹。

4ae49bcd.jpeg

9d25bc82.jpeg

これは旨そう!タコも茹でて時間が経つとたいして旨くないが、茹でたては実に旨そうだ。

三村「やらけぇ!旨い!」

8959257b.jpeg

大竹「うんまいコレ!」

三村「大江にも切ってやるな。上質なヘッドのところを…」

2da5a937.jpeg

大江「え?頭を?」

何故、頭に抵抗があるのだろう?
食べたことなかったのか?
タコは頭の部分が非常に旨いのに。

辛子レンコン風にヘッドのくぼみにワサビを投入。

1d6865ed.jpeg

食べる大江。
コリッ、コリッという歯ごたえの音が聞こえる。

大江「シャッキシャキでふ」

食べながらなので上手に言えてない。
そう、ヘッドは旨いのだ。

タコはもういいので、それぞれが注文したものを食べる。

三村「大竹さん、オレ昨日カレー食っちゃったんだよ」

大竹「予想しないからでしょ」

8a2c5a3c.jpeg

愚痴を言った三村であったが大好物のカツを食べると

三村「やっぱカツうめぇな」

と満足発言。
大竹は信じられない発言をする。

大竹「もうおなかいっぱいっ」

三村「大竹さん……バカかよ」

プリンの件でそれぞれ本気ハラヘリではないので、食事のテンションが上がらないのだ。

三村「プリン食った直後に入るんじゃねぇよ」

86fc72c9.jpeg

大竹「今回ね、それやってみたかったの」

腹がやや膨れた状態で、本気メシを食べてみたかったという大竹。
今にバチが当たるぞ。
そんな無謀な大竹に三村が言い放った。

三村「メシ隊長もう下ろすよ?今日でもう下ろす、決めた!」

944fdcc6.jpeg

大竹「オレ、メシ隊長下ろされんの?」

三村「うん!」

大竹「いいよぉ?」

31a276a9.jpeg

三村「んふふ、執着なかった?」

大竹らしい返しであった。

ここで急にフレームインしてきた小平D。
モバイルサイト用にたこ写真を撮りたいのだ。

845581e5.jpeg

三村「いいの?これで」

小平D「大丈夫です」

小平Dの持つデジカメを略奪する大江。

大竹「大江の小平からのカメラの取り方がグイ~っと!」

大江「だってほら、小さすぎますよ」

写真センスのない小平Dの写した画像が気に入らない大江。
その大江が今度は撮影するが、大竹三村が不満を吐露。

602b3a34.jpeg

大竹「意味が分かってない!」

大江「え~!?」

三村「真上からの画だよ!!」

ということで大竹が撮影。
それぞれが写した画像はこちら。

5f1b6674.jpeg

大江が一番上手いんじゃないだろうか。

撮影会も終わり、いったんテレビに集中。

そして食べ終わりお店を後に。

f2fb5692.jpeg

多分だけど、いっぱい食べ残したんじゃないだろうか。

大竹「プリン食べた後にメシ!って言ったら皆どんな顔するだろうって思ってやったら、メシ隊長クビになっちゃった」

4be87100.jpeg
クビなのに満面の笑み

三村「クビになるわそんなもん」

更にブラブラすると、面白いものが見つかった。
フライトシミュレーターだ。
このシミュレーター機について調べてみたのだが簡単に見つからなかった。
そこで、ビルの形状を参考に航空写真で探してみた。

見つかった。
これは「スカイプラザ」というオフィス棟と住居棟からなる複合施設のビル1階に設置されているもので、なぜここに設置されているのかというと日本で初めての訓練センターの跡地であったことから、JALから寄贈されたとのことだった。

【参考URL】
http://www.haneda-turtle.com/skyplaza/index.htm

あ~すっきり。
鍵の掛かっている時もあるらしく、必ずしも試すことができるものではないらしい。
もしかしたらモヤさまの時は事前に開放して頂いていた可能性もある。

レポの続き。

早速試すことにした一行。
まずは大竹。

三村「じゃあ、管制塔と取引きして」

f10bf45a.jpeg

慣れないことを言うものじゃない。

ここで大竹、突然の放屁。

cb050515.jpeg

大江「やだ~!」

三村「コックピットで屁こくんじゃねぇ!」

大江「密室ですよここ!」

三村「コックペットになってる」
大竹「え?」

くだらね~。

コックペットから逃げる三村と大江。

すると大竹が独り言状態になってしまった。

三村「お前が屁したせいで孤独になったんだからな」

大竹「ひとりで喋っちゃったじゃないかよぉ」

三村「まさに屁…屁害ですよ」

df51b015.jpeg

続いては三村。

三村「こちらコックピット…コクプ、ピット…」

8be99ed8.jpeg
慣れないことを言うものじゃない。

少し遊んで、もう遊びようがないので立ち去ることに。

5fc5eec6.jpeg

ブラブラ再開。

三村「お~?これ見覚えない?」

大江「サラダ付きってありましたよね」

90edb0a8.jpeg

知る人ぞ知る、さんきちグループのお店だ。
モヤさまでは奥沢で立ち寄っている。

気になって仕方がないので、入ることにした。
しかしプリンにメシも食った一行なので大丈夫なのか。

三村「聞くだけだよね?」

すると大竹が不敵な笑みを浮かべて一言。

大竹「それで済めばいいけどね」

「さんちゃん」に突撃。
場所はこちら。検索してもなっかなか出てこなかったのだが、ついに見つけた。

「さんちゃん」
大田区東糀谷2丁目14-15

行きたい方はどうぞ。

以前、奥沢で同じチェーン店っぽい店を見つけたのでそのことをご主人に尋ねると、やはり同系列だとのこと。

bfe667f2.jpeg

しかも奥沢店はお世話になった先輩だという。
蒲田にさんきちグループの総本山があり、そこで皆修行して暖簾分けされて一人立ちするのだ。

2e97b6b6.jpeg

ドレッシングの味が同じかどうか、確かめたい大竹。
サラダ2つ注文。
今回の大竹はメシに関してやんちゃである。

三村「あ、うまい。似てんのかなやっぱ」

917568c7.jpeg

大竹「すいませんもうちょっとお腹いっぱいになっちゃった」

2bd4abee.jpeg
大馬鹿野郎の大竹。

一行はそのままさんきちでWBCの行方を確かめ始めた。

faedf9e0.jpeg

結果、負け。

大江「負けちゃいました」

大竹「よし行こう」

e4a67b15.jpeg

街を抜けて多摩川土手に出た。
河口付近の広大な景色に感動する一行。

4e1e25a6.jpeg

三村「シンガポール思い出しちゃった」

大竹「あの木かな、あれが外国を思わせる」

7d5c0290.jpeg

場所はこちら。

b3bb33ba.jpeg

この場所はボランティア団体が管理しているのだ。
http://pvhaneda.jimdo.com/

早速ひろばに降り立ったが、大竹が残念なお知らせ。

大竹「あとこれ、言っちゃうとアレかもしれないけど、上から見たほうが良かったね」

8963f8dc.jpeg

大江「じゃあここでサイコロでも振っておきますか」
最初の出目は・・

135db16c.jpeg

このメンバーに大江が入っていないことを論議せよとのことだった。

三村「派閥の問題だったの?だとしたら大橋派は若手が多くて有力だよね」

0edb70ed.jpeg

大江「私以外だと、みんな上になっちゃいます(年齢が)」

第2投。

追い炊き派か、お湯はり派か論議。

大竹「俺んちは追い炊き機能付いてないから、いちいち入れなくちゃいけないからオレ入んないもん」

1335175c.jpeg

大江「私は必ず抜きます。バスタオルも二度使いたくない」

大竹三村「オレもバスタオルは二度使わない」

大竹「郵便配達は二度ベルを鳴らす」

2a57ca53.jpeg
誇らしげな大竹。

大江「一日の疲れとか、それこそモヤモヤしたものをお風呂で流しているのに、それにまた浸かるっていうのがイヤなんです」

自分の入った湯なら2~3回くらい気にならないけどなぁ。

大江「全部、水に流したいんです」

fd19d8de.jpeg

三村「そんなに疲れてんの」

大竹「バスタオルは2回使わないほうがいいよ。腐るから。あんなの菌が700倍になるよ」

ef8c3514.jpeg

大竹「だから二度使っちゃ駄目ですよ。ただ、郵便配達は二度ベルを鳴らす

気に入っちゃった大竹。

再び街中へ移動。

駄菓子が売られている「マンガハウス」を発見。
いったん入ることに。

場所はこちら
「マンガハウス」
http://mangahouse.net/

店内に入ると、なぜかお菓子が全てカードになっている。

大竹「かっぱらわれっからかな?」

632c18cf.jpeg

三村「カードシステムを導入しましたね」

店主「在庫管理がしやすいのと、あとちょっと万引きが多いので」

4ba2b2fd.jpeg

大竹「面倒くさくないですか?」

店主「出すの凄い速いですよ」

b6df4394.jpeg

三村「買います!」

各自色々好きなものを選ぶが、腹が満たされているので物欲が働かない。

5f9f1cd3.jpeg

三村「ブーピークッション買おうかな」

大竹「いいよブーピーカッションよぉ…カッション」

78591653.jpeg

結局、1人5個で合計15個を会計してもらうことにした。

チャッチャカチャッチャカと素早い動きでどんどん商品が出てくる。

大江「40秒です!」

速い。

店主「840円です」

b5ccc08a.jpeg

三村「このシステムの理由が分かりました」

a83faf10.jpeg

そろそろ疲れたので喫茶店に入りたい。
するとすぐに見つかった。
しかし早速看板がモヤっている。

三村「コーヒフロト」

メニュー文字が手書きではなく立体的なパーツでできているのだが、それを修正する大竹。

今度は三村も修正を試みるが・・

c29cc0a5.jpeg

壊す三村。パーツが折れて落ちてしまった。

喫茶店「オリオール」に入ることに。

場所はこちら。
東京都大田区羽田5丁目9-1

店内では奥様方が談笑中だった。
どうやらさまぁ~ずの顔は知っているが、誰だかわかっていない様子。
「さま・・」までヒントを出すがやはり分からないらしい。

大竹「おそらく知らない…」

2d8999cc.jpeg

注文はこちら。

973255b6.jpeg

看板を壊した件も謝罪。

ブーピークッションを試すために、三村が膨らませ始めた。

大竹「見せちゃ駄目だよ」

奥様方に見られないようにしているが、奥様方はガン見である。

大竹「すげー今見てるから」

90a62833.jpeg

膨らませた三村が自分の尻にブーピーを置いて、ブ~!っとやらかした。

大竹「おい~、屁ぇすんじゃねぇよお前」

三村「こらえ切れなかったんです」

大竹「…うっすい、リアクションうっすい」

8c1e7523.jpeg

少しも笑わない奥様方。
今度は大江にブーピーを仕込む。

プピュ~!

大竹「すこ~しだけ見たよ」

c4d927f3.jpeg

三村「旨い!ここ!」

622c5b77.jpeg

大江「とれ高OKです!」

bb358f40.jpeg
疲れきった三村のドイヒー顔

ここで終了。

天空橋編は7~10km歩いているはずなので疲れて当然である。
お疲れ様でした。

<<訪れた店>>

ことぶき
さんきちグループ「さんちゃん」
マンガハウス
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
これまでのモヤさま
最新コメント
最新トラックバック
Copyright © モヤさまにあ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]