忍者ブログ
++ モヤモヤさまぁ~ず2のレポ中心 ++
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年1月9日放送。

新年一発目は三軒茶屋。
覚えちゃったおじさん登場。

駅前からスタート。
この日は快晴。
雨降らしDがいないとこんなにも違うかということをネタに軽くトーク。

大江は三軒茶屋に馴染みがないようだが、大竹三村はちょい知っている。
駅前のTSUTAYAの会員らしい三村は「行けば大体俺がいるよ?」と自己暴露。

sancha_001.jpg
大江も仰け反る情報

さぁブラブラ開始。
駅前を歩いていく。

sancha_002.jpg
おや?タクシーから・・

大江がこれに気付く。

大江「あー!すごーい!スゴーイ!!」

sancha_003.jpg
彼らのネタは生で観ると最高

大江「やっぱり有名人いるんですね!」

sancha_004.jpg
きちゃった

三村「気さくな人だな」

大江「こんなことってあるんですね」

大江は感動しているご様子。

しかし・・・どこからコスプレしてタクシーに乗ってくるんだろう。凄いな鼻まで装着済みで。
そんな麻生と小泉と握手して、更に駅前ブラブラ。

ここまでがオープニング。


やはり駅前は人が多いのが嫌なので、路地ではないがビルとビルの間のほっそい通路にエスケープ。
すると、映画のポスターが張られている場所を発見。

sancha_005.jpg

気になるので店内に入りたいのだが、商品がうず高く積まれており極狭で、入店が困難。

sancha_006.jpg
三村も太いしなぁ・・・

そこで三村が代表して奥に入っていく。
こういうことは大竹はできない。三村の役割。

すると奥から店主が登場し、ここは【映通社】というお店で、店頭販売ではなく通販専門店との説明。当初は店頭販売だったが、品数が爆発してきて通販専門店に変貌したという。
映画関係のパンフ、ポスターがメイン。

sancha_007.jpg

sancha_008.jpg
30年ってゴイスー

このお店の「イイやつ」を知りたい一行は、高そうな商品を見せて頂くことにした。

大竹「うわー、すーげーコレ!」

sancha_009.jpg

三村「高いですか?」

店主「5~6千円くらいですね」

価値のあるポスターでも折り畳んでOKなんだな。

sancha_010.jpg

お店を後にして三軒茶屋の路地裏に入るが、駅前と比べるとそこは異世界。
奇妙な銭湯もある。

sancha_011.jpg

まるで廃墟のような銭湯入り口。または河川敷の小屋っぽい。

三村「凄いね、三茶って」

路地裏は飲み屋街でもあり、小さな飲み屋が軒を連ねている。
中には自宅を改造した飲み屋もある。こんなの多いけど。

sancha_012.jpg

三村「俺・・ここの常連になりたいわ」

sancha_013.jpg

更に更に路地を進んでいくと、大竹が何かを発見。
ここからが、「いた」おじさんの登場である。できるだけ会話を拾いたい。

大竹「これはお店かな?」

sancha_014.jpg

見るからにあぶねー雰囲気のお店・・・。やっちゃったなーという感じの。

三村「・・・お店だよ。ガーゼ・バスタオル売ってるもん」

大竹「おい見てみな。店主お勧めだよ」

sancha_015.jpg
こわいこわいこわい

クッチャクチャの紙におすすめ商品の説明が書かれており、それが洗濯バサミに挟まれてぶら下がっている。
おすすめという靴下も、まるで洗濯物のようにぶら下がっている。とても商品とは思えない有様だ。
何かのおまじないだろうか。

店頭でガヤガヤやっていると、店主が現れた。

大竹「ここは何屋さんですか?」

店主「衣料品です」

店頭には手ぬぐいやタオルも売られている。
タオルのデザインはご主人がしてるんですか?という質問に、

店主「イラストを覚えたもんで、ラジオに出したり、テレビに出したり・・・」

と、急にイラスト自慢が始まった。タオルは既製品。
良く見ると独特タッチなイラストが飾られている。怖い、何だか。

三村「あっ、こういうの?」

sancha_016.jpg
ひと目で分かるヤバさ

店主「これ私が自分で・・」

三村「描いたんですか?」

店主「覚えたの」

sancha_017.jpg

店主「3年10ヶ月前に・・・」

似顔絵を覚えた年数まで覚えている店主。

三村「絵が好きなんだ」

店主「絵が好きじゃないのっ。やったことないの!」

sancha_018.jpg
なんかもう・・・

三村「こんだけ描いておいて好きじゃないの!?」

店主「自分で覚えたの」

sancha_019.jpg

sancha_020.jpg

ラジオに投稿したら採用されたのがきっかけで、物凄い量の絵を描いて送りまくっているらしい。

大江「お城の絵も描かれるんですか?」

店主「お城はラジオに出してるわけ」

三村「ラジオに絵を発表するって難しい・・」

sancha_021.jpg

三村「何でラジオに絵を発表するんですか?」

店主「ただのお便りじゃ面白くないでしょ?」

その番組のDJのファンだったり、DJが有名人だったりすれば似顔絵を添えて・・・というのは普通だけどね。
読まれたり、覚えられる確立はグッと 上がる。

そんなことはお構いなく、ここで大竹、得意の”同じ事を言わせたい”質問。

大竹「絵が好きなんですね」

店主「好きじゃないの。最近覚えたの」

sancha_022.jpg
3年10ヶ月前は、まだ「最近」

どうしても絵が好きというわけではなく、覚えちゃったので描いているだけという主張を繰り返す店主。

新作があるというので見せて頂く。
するとそのイラストはカラー。

sancha_023.jpg

sancha_024.jpg

店主「覚えちゃったからぁ」

三村「覚えちゃったってどういうことなの!?」

絵を描いたことがなくて嫌いだったけど覚えちゃって好きになって・・・・凄いおじさんだなぁ。

ここでちょい話題チェンジ。

お店の景気も悪いというので、大竹の「買おう!」を合図に、それぞれ気に入った商品を買うことになった。

店頭のむき出しのタオルを買うことに抵抗があるので、「これの新品ないんですか?」と聞くと、店内から持ってきた。
しかし・・・

sancha_025.jpg

まぁ通常タオルってむき出しだもんな。
とりあえずお買い上げ。

sancha_026.jpg

ここでまた絵の話。

三村「絵を始めて描かれたのはいつぐらい・・」

店主「初めて描いたのは60いくつだよ」

大江「え~!」

店主「3年10ヶ月前・・・」

三村「それまで一切描かなかったの?」

店主「やったことないの」

三村「どっかしらで絵を描かなかったですか?」

店主「1回も描いたことがない」

sancha_027.jpg
学校で嫌でも描くことあるだろうに・・

店主「全然描いたことないの。生まれて初めてなの。生まれて初めてやって、覚えたの」

きっと天才肌なご主人なんだな・・・そういうことにしないと先に進まない。

三村「テレビにも出して下さいよ。モヤモヤさまぁ~ず」

店主「モヤモヤさまぁ~ず。出してもいいですけど。お便りに一緒に」

大竹「是非!自然に探し出したい!」

sancha_028.jpg

強烈な個性の持ち主だったご主人に対して、思わず大竹・・

大竹「三村さん・・・いたよ。いたいたっ」

sancha_029.jpg

三村「いいキャラでしたねー」

ただちょっと、いじりにくいというか・・・そんな感じ。

さー、今度は駅の反対側に移動。

すると今どき珍しいこんなお店が登場。

sancha_030.jpg

これは面白そうということで、釣堀を体験することにした。

sancha_031.jpg

sancha_032.jpg

せっかくなので勝負。

大江「時間決めますか?」

三村「15分!」

大竹「15分で何匹釣れるか」

sancha_033.jpg

三村「大竹さん釣りにはさぁ、ちょっと自信があるみたいなんだよね」

大江「あ、そうなんですか?」

三村「だから、絶対勝つみたいなことを心の中で誓ってると思うよ」

さて、誰が最初にヒットするか。

アタリはあるようだが、掛からない。

sancha_034.jpg

大江も頑張る。

sancha_035.jpg
落ちそうな大江

大江「おいしいよ~~」

言葉で魚を惑わす作戦。

三村「俺、こういうロケでまぁ釣れたことないんだよね」

なんて愚痴を三村がしゃべっていると・・・・

大江「あ・・・きたーーー!!!!」

sancha_036.jpg
大江が急に釣った

釣れたのは金魚。この釣堀のメインターゲットである。

大江「やったー!」

しかし・・・釣れたは良いのだが、金魚を触れずどうしたら良いかワタワタする大江。

sancha_037.jpg

多分、ハリが掛かってる魚だから余計にどう触っていいのか分からないと思われる。
しばらくしてようやく金魚をキャッチして・・・

大江「うあぇ~っ」

声にならない恐怖の驚き声を上げる大江。

ようやくハリを外すことに成功。

大江「おー!ほー!はー!」

sancha_038.jpg
三村に怒られた

大竹三村「釣れてすげーな」

三村「感触あったの?」

大江「ありました!ビク!ビク!ってきました」

sancha_039.jpg

そしてついに、大竹三村は一匹も釣れず。

大竹「大江の優勝です」

大江「ありがとうございます!」

sancha_040.jpg

釣堀を後にすると、思ったよりも釣堀シーンが地味で見せ場もなかったのでカンペが出る。

大江「・・釣堀のとれ高が低かったので、サイコロを振って下さい」

三村「うるせぇよ!」

当然これはDに対してのうるせぇよ。

この日からサイコロ三度目のバージョンアップ。
本物のサイコロのように角ばったモデルに変更。

さて、出目は・・・

sancha_041.jpg

さー、三村のスキップにつられて大竹大江もスキップ開始。

sancha_042.jpg

大江、妙に楽しい時に発する「キキキキ」という甲高い笑い声を上げて喜ぶ。
こういうところが可愛い。

路地を抜けて通りに出ると・・・

sancha_043.jpg

自販機に直に油性マジックでタスポ案内が書かれている。
何これ。
しかも書かれている自販機はコンドームの自販機。

ここはタバコ屋さん。
他にも何かあるのでは?

sancha_044.jpg
あった

何故かタバコ屋に寄席のチラシがあるのだが、そこに「はやのみこみのお店で~す!!」と、また油性マジックで書かれていた。

sancha_045.jpg

sancha_046.jpg
初めて聞く漫談

大竹「し~ぶいね!これ!」

三村「ふろしき漫談ってのは非常に気になるよね」

とても気になるので、はやのみこみさんを尋ねてみることにした。裏口の玄関に回ると、そこにも自販機があり・・・

sancha_047.jpg
注意書きが直に

三村「直接書いちゃっていいの?」

自販機ごと買ったのかな。リースだったら絶対に怒られるもんな。

直接マジックで色々書いちゃう、はやのみこみさんってどういう人なんだろうか?
大竹は「ちょっとこえぇな」と警戒。

玄関で三村が「すみません」と声を掛けると、奥から「ちょっとお待ちください」と返事。

ここで三軒茶屋(1)は終了。(2)につづく。


<<訪れた店>>

【映通社】
http://www.a2sha.com/

【米山商店】
http://www.sangen-jaya.com/yuraku/yoneyama/

【ツリボリ三軒茶屋】
2009年10月25日に閉店。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
これまでのモヤさま
最新コメント
最新トラックバック
Copyright © モヤさまにあ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]