忍者ブログ
++ モヤモヤさまぁ~ず2のレポ中心 ++
[140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年11月12日放送。
タマゴ師匠、降臨。

asa1_001.jpg

土砂降りの阿佐ヶ谷駅前からスタート。
街を紹介する件では名曲「ゆうやけ」が流れた。

asa1_002.jpg

まずは駅前の商店街を入っていく。

大竹「これ怖くねぇ?」

asa1_003.jpg

三村「アートだねこれ」

大江「何ですかね?ふくろう?」

などと話していると、ピッ!と鳴らされた。

asa1_004.jpg

本来ならロケ中止レベルの雨なので、一行は早くお店に入りたい。

asa1_005.jpg

大竹「遠足なら中止だよ」

三村「早く1軒目のモヤり探して入ろうよ」

ここモヤってない?と三村が目を付けたのは米屋。

三村「幽霊の絵が貼ってある」

asa1_006.jpg

三村「あれオヤジさん描いたんですか?」

ご主人「違います」

大竹「何あれ」

ご主人によると、米屋なのに店内の壁を地元の芸術家に提供しており、作品を飾っているのだとか。ご主人の作品も飾られており、その中でも目を惹くのがコレ。

asa1_007.jpg

タマゴの殻を連結させたタマゴタワーが秀逸。
店内には他にもタマゴの殻が置かれており、ご主人の尋常ならぬタマゴへの情熱が伺える。
大竹が別のタマゴ殻を見つけた。

大竹「あれ完成形じゃないですよね?」

ご主人「いや、あれが最高傑作です」

asa1_008.jpg

三村「タイトルとかあるんですか?」

ご主人「特にないですけど、そうですね・・タマゴの殻」

asa1_009.jpg
まんま

ご主人「完全についてますから」

asa1_010.jpg

大竹「アートですね!」

asa1_011.jpg

ご主人「これも完成してます」

asa1_012.jpg

三村「これあれだよ・・」

asa1_013.jpg

大竹「たまにさ、ポケモンに例えるけどわかんねぇんだよ・・・嫌いじゃないけどさ」

三村「ちなみに今日誰にも言ってないけど・・」

asa1_014.jpg

大江「あー!」

歩くなら付けてよ!と子供に頼まれたに違いない。

ご主人「こうやって割るのが一番難しい」

asa1_015.jpg

大竹「ちょっとアートやりてぇな」

大竹は雨が嫌いなので、時間を潰したいだけだと思う。

大江「いいですか?」

ご主人「どうぞ」

asa1_016.jpg

ご主人がタマゴ割りアートに目覚めたきっかけを教えてくれた。

最初、ごく普通にタマゴを食べる為に割ったのだった。
しかしある時、ふとテーブルに殻を置いてそれを・・・

asa1_017.jpg
目覚めた瞬間

ご主人「何かこれはいいんじゃないかと思って・・・」

asa1_018.jpg

大江「えー」

えーって言うな。芸術はこんなもんだ。

三村「凄い思いつきですね」

そして普通割りだけではなく、横割りも会得。
ただ、殻がタマゴの中に入ってしまうので、食べるときに混ざっちゃうらしい。

三村「殻が入っちゃう可能性がありますよね」

ご主人「それもまたね、いいもんですよ」

asa1_019.jpg

ご主人「あの時のアレが、歯に感触として出て・・」

ちょいフェチ入ってんだな。
ご主人の独特な世界観に首をかしげながらも、3人もアートを楽しんでみる。

三村は難しい横割りに挑戦。
しかし、勢い余って反対側にまで小さく穴が開いてしまった。

大竹「それもいいんじゃないですか?」

これを見たご主人がド興奮してひと言。

ご主人「それがいいんですよ!」

asa1_020.jpg

ご主人「それはね、ヒナが突っついた最初の衝撃みたいな」

大江「お~!」

asa1_021.jpg

三村「全てプラスに」

asa1_022.jpg

大竹は縦割りに挑戦。

asa1_023.jpg
包丁の切っ先で割る

三村「大竹さん、これのテクニック聞いてないよね。聞いてないで挑戦してるよね」

ご主人「両方開けるのも面白いですね」

大江「ふーってやってみたらどうですか?」

asa1_024.jpg

大江「お~~~」

中身が出てこないので、箸でグリグリしてから吹いてみると・・

asa1_025.jpg
全部出た

大江「ひぃ~~~」

どうも大江はこの感じが苦手らしい。怖いと言ったりヒ~と悲鳴を上げる。

ご主人はこのテクを絶賛。

ご主人「僕はこのタイプ一度もやったことないから勉強になりました」

asa1_026.jpg
最高の賛辞

大江「良かったですね~」

三村「タマゴ師匠がビックリしたもん」

asa1_027.jpg

asa1_028.jpg

続いて大江。

asa1_029.jpg

大竹「何か怖ぇなぁ」

三村「怪我だけしないでよ」

膝がロボコップの三村には言われたくない。

asa1_030.jpg

大江は開け口を三角にするという高等テクニックに挑戦したいらしい。

asa1_031.jpg

三村「大江怖いな~」

大江「え~、そんなことないですよ~」

大江は料理もするので大丈夫。

大江「あっ、私上手いんじゃないですか、もしかして」

出た。
大江の根拠のない私上手い発言。

両方に穴が開いたので、あとは吹いて中身を出すだけなのだが・・・

asa1_033.jpg

asa1_034.jpg

遠くからふーっ。

asa1_035.jpg

大竹「なに直接を嫌がってんだよ」

三村「くっふふふふ」

asa1_036.jpg

大江「ちょっと・・口紅も付いちゃう・・」

大竹「いいんだよ!それもアートなんだから」

大江「えー!」

さて、意を決して・・・

asa1_037.jpg

プ~ッ

asa1_038.jpg

出た。

asa1_039.jpg

ブジュジュ・・っとフィニッシュ

三村「カッハハ!」

asa1_040.jpg

番組が大竹のリクエストに応える。

asa1_041.jpg

でも逆回転は動く画じゃないとワケ分かんないので是非動画でどうぞ。

asa1_042.jpg

タマゴ師匠も感動の出来栄えになった大江の作品。

asa1_043.jpg

大江「ありがとうございます!」

asa1_044.jpg

3人のタマゴ殻は永久展示ということなので、米屋に行けば見ることができる。

大竹「今日ちょっとオムレツになっちゃいますけど」

asa1_045.jpg
殻入りのオムレツ

asa1_046.jpg

お店を出る前に、タマゴ師匠に商店街のあのキャラクターが何なのか尋ねてみる。

ご主人「最初は抵抗があったんですけど、今はもうウチの商店街にすっかり溶け込んで」

この先にあるアトリエのご主人がデザインしたというので、行ってみることにした。

asa1_047.jpg

アトリエには気の良さそうなご主人がおり、やはりあの絵を描いた本人だという。

asa1_048.jpg

ご主人「フクロウです。商店街を通る皆さんの邪気を払う、そういうつもりで描いたんです」

大竹「ちょっと怖いですもんね」

三村「わざと狙って、少し怖めに描いてみたんですか?」

ご主人「そうですね。単純な絵じゃ面白くないから」

asa1_049.jpg

asa1_050.jpg

大竹「あ~あ何だよオイ!」

大江「あービックリしたビックリした!飾りじゃないです飾りじゃないです!」

大江が2度繰り返すパニックを起こすときは何かある。

asa1_051.jpg
あった

大江「これ怒ってませんか?怒ってません?」

ご主人「そう、人相の悪いやつが来ると怒っちゃう」

asa1_052.jpg
自覚あり

asa1_053.jpg

人が多く来ると警戒して頭がこんなになっちゃうとのこと。

大江「ビックリしたんですね」

asa1_054.jpg

大江「名前は何ていうんですか?」

ご主人「キョウちゃんです」

すると三村がキョウちゃんに近付き、腕を差し出した。

asa1_055.jpg

asa1_056.jpg

大江「可愛い~。乗ってくるんじゃないですか?これ」

asa1_057.jpg
どうすっかなー

asa1_058.jpg
やーめた

再チャレンジ。

大江「おいで。おいで」

asa1_059.jpg
大竹が三村の怪我を希望

asa1_060.jpg

大竹「噛め!噛め!」

三村「噛めとか、ギュっとやれとか、やめろよ・・」

ご主人の描いた絵を見せて頂くのだが・・・

asa1_061.jpg
キョウちゃん被りすぎ

絵のタイトルを当てるクイズ開催。

asa1_062.jpg

三村はパリジェンヌ予想。

asa1_063.jpg

大竹はカマキリ予想。
分かるけど。

ご主人「モダンでしょ?」

大竹「モダンカマキリだね」

asa1_064.jpg

続いては・・・

asa1_065.jpg

またカマキリ説。

ご主人「カーニバルをイメージして描いたんですけど」

怒っていいよご主人。

大竹「ちょっと目に悲しみがあるけどね」

ご主人「憂いがあるでしょ?」

次。

asa1_066.jpg

大竹「憂いがあるよね」

asa1_067.jpg
どこに

三村「アタスが変なおじさんです」

ご主人に「似てませんか」と言われた三村は・・

asa1_068.jpg
だっふんだ

asa1_069.jpg

三村「外出る度に、雨やんでんじゃないかっていう・・」

大竹「今日100%ですから」

asa1_070.jpg
スタッフが一番大変

商店街を歩いていくと、何と勘違いされたのか・・

asa1_071.jpg

と、声を掛けられた。なんのこっちゃと調べてみると、どうも「TBS RADIO 小島慶子 キラキラ」と勘違いされたっぽい。
大江が小島さんに間違われた?

asa1_072.jpg

三村「キラキラやったことない俺」

そのまま歩いていくと・・

大竹「わー凄いぜこれ」

asa1_073.jpg

店の看板には山岳書専門と書かれている。
面白いなぁ。知る人ぞ知る店なんだろうな。
気になるし雨だし入ってみることにした。

asa1_074.jpg

店主が見えない、と思ったら奥からチャイチー声が聞こえた。

asa1_075.jpg
声はすれど見えない

asa1_076.jpg

店主「大体」

asa1_077.jpg

三村「なんかあった?」

asa1_078.jpg

大江「おっ、いいですね」

今度は大江が古めかしい本を手にした。

大江「山日記・・・」

asa1_079.jpg

asa1_080.jpg

asa1_081.jpg

何で個人の日記が売られてるんだ。
買い取るのが不思議。

asa1_082.jpg

asa1_083.jpg

三村「やっぱ雨の日やめるんだな」

asa1_084.jpg

大江「あ~でも山が好きっていうの分かりますよ」

asa1_085.jpg

三村「それ、文体が古いってことは相当古い時代ってことだな?」

大江「えーっとですね・・・1949年!」

最初の登山ブームの頃だな。丹沢辺りは山登り客急増で大変だったはず。

asa1_086.jpg
ご存命なら78歳

大竹「何でここにあるんだろうね?」

三村「山の歌は買おうよ」

日記もちょっと面白そうだから欲しいけどな。

店主によると歌の本は300円とのこと。

三村「本当にこれだけでいいね?もう来ないよ?」

そらそうだろ。

asa1_087.jpg
常に見えない所から店主の声

三村「袋一応もらおうかな」

雨だしな。

asa1_088.jpg

三村「ここコレだったんだ。系列店・・」

タワレコは手広い。

三村「おやじさん、山好きなんですか?」

asa1_089.jpg

asa1_090.jpg

asa1_091.jpg

二度とこない山の本屋を出たところで、終了。阿佐ヶ谷(2)につづく。

今回の特典映像が面白いので、紹介。

asa1_092.jpg

asa1_093.jpg

大江「これ何ですか?」

asa1_094.jpg
気味の悪い物体

力仕事が多い米屋なので、たまにこれにぶら下がって背伸びをするのだとか。

まずは大竹がぶら下がってみる。

三村「こうして・・・」

asa1_095.jpg
イヤな予感

asa1_096.jpg

asa1_097.jpg

今度は三村。

大竹「こうして・・・」

asa1_098.jpg

asa1_099.jpg

三村「あぅ!」

asa1_100.jpg

三村「怖い怖い怖い。当たる前にあ!って言っちゃった。恐怖で!」

こうなると、流れ的に大江も。

asa1_101.jpg

大江「あー!何かいっぱい降ってきました!」

落下物に驚いて手を離した大江。

asa1_102.jpg

asa1_103.jpg

大竹「持ち上げてあげようか?」

大江「いいですか?」

asa1_104.jpg

大竹のアシストで再びぶら下がり。

三村「大竹さん引いて」

asa1_105.jpg
結構引く

三村「頑張れよ」

大江「ぬあー!」

asa1_106.jpg
モロ

asa1_107.jpg

三村「痛い痛い痛い、大江痛い痛い」

asa1_108.jpg
本気すぎた

asa1_109.jpg

asa1_110.jpg
これは痛い

asa1_111.jpg

大竹「痛かった?」

asa1_112.jpg

後日、タマゴアートがどうなったのか中田Dが確認。

asa1_113.jpg

asa1_114.jpg

きちんとタイトル入りで飾ってくれた。

asa1_115.jpg

asa1_116.jpg

中田Dが、なぜ大江のタマゴだけを注目してタイトルを付けたのか尋ねると・・・

タマゴ師匠「さまぁ~ずさんもあれなんですが、大江さんのことばっかり気になっちゃって」

asa1_117.jpg

無理もないか。そらそうだ。

asa1_118.jpg


<<立ち寄った場所>>

【大堤燈米殻店(オオチョウトウコメガラテン)】
東京都杉並区阿佐谷北1-3-6
03-3338-1765

【アトリエ・ラ・バアレンヌ】
阿佐谷北 1-3-11
03-3338-1728

【穂高書房】
阿佐谷北1-3-16
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
これまでのモヤさま
最新コメント
最新トラックバック
Copyright © モヤさまにあ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]