忍者ブログ
++ モヤモヤさまぁ~ず2のレポ中心 ++
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大塚続編と目白。
大塚駅北口から白目を剥きまくるスタート!

ac234255.jpeg

相変わらず工事中の臨時な駅前なのだが、雰囲気がちょっと違うらしい。

大竹「こっちはおしゃれな感じじゃない?」

大江「スタバとか」

812edbba.jpeg

スタバ=おしゃれという図式の大江。

大竹「こっとは若者が来るんじゃないの?」

三村「何しに?」

大竹「コーヒーと本読みに」

コーヒー+本=若者の図式の大竹。

三村「大塚は何しにくんの?みんな。専門学校とかあんのかな」

大竹「何かあるんだろうな」

ここで突然…

181557c9.jpeg

大江「サイコロ振りますか」

大竹三村「もぉ!?」

e1bdc416.jpeg

サイコロニューバージョンで、さて何が出るかな何が出るかな?

大江「知らない人をベタ褒めしろ!」

三村「こんなシリーズも出てきた?」

df95015a.jpeg

こんな出目や…

74647067.jpeg

こんな出目も。

三村「したい体なの?」

大江「してもいいんですよ」

しかし実際に出た目は??

741bcbe7.jpeg

大江「あっ、ヤダぁ」

三村「全員リアクションする時、白目になる。目白だけに……目白じゃねぇじゃねぇか!」

大江「大塚ですよまだ」

47d00079.jpeg

大江「じゃあ目白に行ったあたりで思い出してみますかこれ」

大竹「そんな馬鹿なっ」

375258ec.jpeg
早速白目に

三村「そうする!?」

c1baef21.jpeg
出来てない

大江「あはははははは」

987a260d.jpeg
大江もヘタ

三村「お前なんちゅう顔してんだよ!」

43686af9.jpeg
やっぱり出来ない

大竹「今のこえぇよ!」

aee77a36.jpeg

みんな白目がヘタ。

大江「も~ホント嫁に行けなくなりますよ、やめて下さい」

三村「嫁に行けなくなんねぇよ!」

41cf87ce.jpeg
何度やっても駄目

cc5d946a.jpeg
耳がちょい赤くなっている

大竹「何で大江は暗い顔になんだよ!」

aff5384b.jpeg

三村「マンガみたいな顔になっちゃってる」

大江「行きますよ!」

さっさと切り上げたい大江どん。

三村「マンガかよ!」

1ad54ad7.jpeg
どこ見てんの


大竹「できてない。気に入ってやってるけど」

239d7175.jpeg

突然通行人から声が掛かった。
駅前ということもありギャラリーがちょい多いらしい。

大竹「あぁどうも!」

99c6396b.jpeg
「どうも」と白目で応える三村名人

大竹「人いっぱいだよ!」

013e588c.jpeg
止まない白目にオオマリちゃん爆笑

ようやく白目が終わり、街ブラ再開。

466fe0e0.jpeg
やっぱり内股大江

bcad70f1.jpeg
また声が掛かった

14cfe550.jpeg

三村「本当はファンです?」

大江「いいですねぇ、ビール飲んでました」

酒好き大江らしい発言にカンパイ。

3d4b8e08.jpeg

三村「自由だよね」

大竹「感じが違うこっち側。北口きたら急に積極的になったよね」

大江「そうですね」

大竹「北口はガンガンくるから速攻で終わらせちゃおう!」

e41ec8bf.jpeg
つい本音がポロリ

さまぁ~ずはガンガンくるタイプが苦手なのだ。

大江「ちょっと文化が違う感じがしますね」

大竹「ちょっと違うね」

と、ここで繁華街にありがちな風俗看板が。

58df8cfd.jpeg
これはドイヒー

大江も「ひどい!」と絶句。

三村「信頼高いよね。じゃあちょっと…みたいな」

大竹「じゃあ、花びら回転あるし」

駅前商店街を抜けると大通りに出た。

427f20ed.jpeg

三村「待つ?信号。あまりこの番組信号待たないけど」

信号のない場所ばかり歩くもんなぁ。

大竹「待ってみよう今日!」

信号が青になるのを待って先を進むと…

2a581e64.jpeg

大竹「何かあれだな、この先、お馴染み休日の雰囲気」

三村「やった」

大江「何かありそうな予感ですよね」

835f72b0.jpeg
北はモヤモヤの宝庫


ここで大竹が一同驚愕の、信じられないことを言い放った。

4f4a52a7.jpeg

何と、あれ程ごねて交換した靴を後悔しているのだ。
さすがクレーマー大竹。クレーマークレーマー。

9bcc3a5e.jpeg

大江「大きいですか?」

大竹「デカくてねぇ」

大江「あらららら」

今更靴屋に引き返すわけにも行かないので、わき道に入る3人。

26c9155d.jpeg

どんどん狭い路地に入るのがこの番組の醍醐味。
裏路地といえば…

大竹「井戸があるかも知れないから」

cd39d08c.jpeg

大江「はははは!」

キングオブドイヒーの井戸オヤジ。北品川。

三村「昔を思い出すってバージョン?これ…バージョンってのあったよね」

月島のモツ煮屋のメニューだ。

大江「あー!懐かしい!」

あまり出来事を覚えていない三村だが、急に思い出すこともある。
2年も前のことを良く覚えていたな偉い。

524a169c.jpeg

突如カレーの匂いが漂ってきた。

三村「すげー良い匂いしてんださっきから」

大竹「加齢臭な」

3468cb8b.jpeg

三村「加齢臭じゃねぇ!」

大江「加齢臭ってここら辺から出るやつですよ」

ご丁寧にジェスチャー入りで説明する大江。

53f8c3ac.jpeg
他所んちの夕飯が気になって仕方がない大竹


かなり歩いてもまだカレー臭が漂っている。

三村「まだしてるね」

カレー臭に誘われるように歩いていくと…

e38047f9.jpeg

頭に何かを乗せた人が横切った。

大江「あれ!?」

大竹「何か出てきたぞ!」

三村「何あれ」

大竹「すげーの出てきたぞ!」

三村「何あれ」

大竹「壷乗っけてたぞ今!」

大江「横切って、横切って行きましたよ」

一同、まさかの光景に気が動転しまくり。

大竹「外国!?」

三村「海外の匂いしたよね、一瞬にして」

大江「怖いです」

違和感を感じると「怖いです」が口癖の大江。

8e340297.jpeg

大竹「あ、やってる見てみ」

大江「あ~~!」

d0c301f7.jpeg

大江「え?」

大竹「なんっだよあれ…」

食べたことがない、見たことがない時の気持ちを正直に言っちゃう大竹。

a549cdbb.jpeg

三村は三村で、ロボットのようにさっきから何あれ、何これしか言っていない。
一番動揺してんな?

三村「これ触れていいの?」

大竹「雑技団みたいな感じが」

大江「あー雑技団」

三村「すみませんって言ってみようか?」

5c342688.jpeg

大江「あ~」

三村「大学のサークルにしちゃ真ん中の人…」

9de3bbd6.jpeg

「すいません!」

突然声を掛ける三村。

三村「ちょっと今通りを迷子になっていたら、壷を頭に乗せてる人が…」

大竹「ある違和感に出会いましてぇ」

三村「皆さんはどういう方なんでしょうか?」

年配「中国雑技団の団長、はい」

おお、団長さんとは意外や意外。

大竹「中国の方ですか皆さん」

団員「はい」

大竹「今何されてたんですか?」

団長「練習」

大竹「プロの皆さんですか?」

団長「はい」

fc14c651.jpeg

70b6b1e9.jpeg

面白いなぁ。
ご近所の方にとっては当たり前の光景でも、他所の人から見たら完全に違和感だもんな。

少しだけ技を見せてもらうことにした3人。

79a7723c.jpeg
痛そー


大江「あ"~!」

三村「怖い怖い」

大江「あ!方向変えてます!」

手を使わずに頭の上の壷をクイッ、クイッっと回し始めた団員その1。

24edadba.jpeg
そして頭の上の壷を空高く跳ね上げて…

6a1b4ecb.jpeg
後ろ首の辺りでキャッチ。見ていて怖い

大江「痛い!」

fd0069a6.jpeg
本気で怖くて心配な大江


フィニッシュは頭の上で壷をぐるぐる回転。
髪の毛が心配な技だ。
それをいち早く察知した大竹が「師匠が教えたんですよね?」と質問。

団長「そうそう」

今度は三村が…

763af5aa.jpeg

自動的に自然に失言をする大竹三村。

9196e058.jpeg

団長「髪の毛ナクナッタ…」

寂しそうな団長さんだが、イイ人で良かったなぁ。

続いて棒を使った技を見せて頂く。孫悟空みたいだ。

0b0b7bd9.jpeg
ビシ!

しかしそこに…

三村「あれ?」

3558244d.jpeg

棒の人がせっかく技を見せてくれているのに、皿回し少女達のご入場。

三村「駄目だよ、考えないと~」

2876bcb0.jpeg

それでも張り切って超高速で棒を回転させる孫悟空。
あまりの速度に大江が…

「怖い怖い、怖いよ~」

と怯えたがそれも一瞬で…

95da850c.jpeg
この笑顔で拍手喝采


三村「ちょっとやらしてみてもらっていですか?」

孫悟空をやらせてもらうことになった三村。怪我しなきゃいいけれど。

大竹「きゅきゅきゅきゅって言ってるけど」

2d85fa0b.jpeg
皿が回るたびにきゅきゅきゅきゅうるさい


三村「俺もね、伊達にねぇ、かくし芸何回も参加しているわけじゃないんだよ」

bad5d354.jpeg
むくんだ顔で決めたつもりの三村サン

さー腕前拝見!

412263f8.jpeg

大江「あれ?」

c8470812.jpeg

大竹「一振り目で?」

8ca9beb6.jpeg
ふらっふらした手付きで何とか棒を回す三村


大竹「ちょっと俺も」

今度は大竹だ。

9e2b2b10.jpeg
三村より器用に回す大竹。団員も拍手


大江「お~!」

三村「そろそろ触れる?」

cb87cec8.jpeg

89d7224f.jpeg

大江「いいですか?」

団員に手伝ってもらい、何とか皿1つを強引に回す大江。

団長「あ!デキタ!」

a1befaab.jpeg

大江「できたできたできた~!」

大江は大はしゃぎであるが三村は納得がいかない様子。

三村「出来たかなぁ?」

最後に、一番簡単そうなこれを触らせてもらう。

be898000.jpeg

大江「あれなら出来る気がする」

大江は剣玉以外「できます」「自信あります」というもの全部ヘタなんだよな。
イメージと腕が追い付かないのだ。

しかし、簡単そうに見えた技も全員撃沈。
結局みんなヘタでしたっていうくだりでしたとさ。

572e6ced.jpeg


路地を歩いている途中、大江が衝撃のひとこと。

791ba6f2.jpeg

大竹「ホント?」

大江「はい」

三村「え、日常生活のことそんな話してたの?」

大江「はい」

大江はあちらの言葉が分かるので、皿回し少女と会話をしていたのだ。

三村「俺のこと何か言ってた?」

57371881.jpeg
大江の冷たい、この目付き


三村「見た目で分かるのかね?」

大竹「いい娘たちだね」

大竹は妙にモテるのだ。
お笑い界でも相当モテる位置にいる大竹。

大江「良かったですね」

三村「今日このセーターじゃなかったかな…」

442094d1.jpeg
いつも可愛いセーターの三村


大江「可愛いじゃないですか」

eac5f615.jpeg

大塚は堪能したので、目白に移動することになった。

2e69ee95.jpeg

大竹「おい、下校時間だよ」

5e40eb9b.jpeg

子供達の声で賑わう目白駅前。
目白は学校が多いので時間帯によっては相当賑わうのだ。
しかし大江によると…

ae6b512f.jpeg

なのだとか。

高級住宅街が多く車移動が常で、日常生活で利用する人が少ないのだろう。
ショウ君の「そんな鼻につく街をぶらぶらしてみましょうぜ」が笑った。

大竹「あの制服のちっちゃいのはどこから来てんの?」

9e3f8f35.jpeg

三村「手振ってみようか」

fc7b6e62.jpeg

大江「え~!すご~い!!」

何と、小学生低学年のガキんちょ共がモヤさまを知っていた。
時代だなぁ。
親が録画したのを一緒に観てんだろうなぁ。

受験シーズンだけに受験話で一盛り上がり。
すると大竹の意外な過去が明らかになる。

三村「大竹さん何だっけ、北欧文学だっけ?」

87dadc45.jpeg

大江「北欧文学?」

三村「北欧文学ノルウェー学科だっけ」

b09df7dd.jpeg

大竹「スウェーデン語覚えたり」

大江「おぉ~!」

大竹「だから北欧には強いですよ」

8aa38ad0.jpeg

822f18d7.jpeg

結局、北欧に強くない大竹。

三村「俺、塾いっぱい行ったよ」

大竹「いっぱい行って、コレだよ」

大江「何習いました?そろばんもそうですよね」

三村「そろばんも、学習塾も公文も行ったよ」

大竹「公文も行ってんの?」

三村「行ってるよ」

大竹「まじでぇ~!?」

これだけ長いことコンビ組んでいても知らないことってあるんだなぁ。

三村「行ってたんだけど、俺の行ってた公文とみんなの言ってる公文って違うのかなって」

公文は自治会館のような場所や、ボロっちい家でもやっているし、その差で悩んだのかな、三村は。

大竹「あとスゲェのがさ、駅からここまで来たじゃん。1軒も店なかったね」

5cd45059.jpeg

三村「何にもない」

67b717d9.jpeg


三村「ちょい店が現れてきたよ」

大竹「出てきたね。出ました、メルヘン商会!」

3d3385aa.jpeg

三村「どこが?ここメルヘン商会なの?」

fc2ef6a1.jpeg

三村「何でメルヘン商会なんだろう?」


メルヘンという意味は大雑把に分かっていたつもりだが、じゃあなに?と聞かれると答えられない。
そこで調べてみると、メルヘン=おとぎ話、童話の意味だとか。メルヘンってドイツ語かぁ。「メルヘンチック」になると、これは和製英語になるらしい。へ~。


大竹「なんかメルヘンがあんのかな?」

2e9e4f3e.jpeg
メルヘンとは程遠い渋いバイク


大江「これ大きくないですか?」

風呂具屋さんになぜ大型バイク?
ということで聞いてみることに。

三村「すいません」

大江「こんにちは」

三村「あ、オヤジさん」

7db9635b.jpeg

三村「なんでメルヘン商会なんですか?」

ご主人「何でって言われても困るけど、元々は風呂具屋だったんだけど、その時はメルヘン商会じゃなかったんですよ」

37fd0145.jpeg

三村「何でメルヘン商会になったの?」

ご主人「風呂具やをやりながら自分で別にやりたい仕事があったんで、それを一緒に併せてやってたわけ」

大竹「今もやってるんですか?」

ご主人「今もまぁやってます」

大竹「それはなんですか?」

ご主人「バイクを使ったイベントをやってたんですよ、遊園地のアトラクションとか」

三村「繋がった!」

大竹「遊園地のアトラクション!?」

三村「ということは、あのバイクはオヤジさんのですか?」

ご主人「もちろんそうです」

大江「あれ立派ですよね」

話を聞くと、あのバイクはレアというかネタのバイクで、1台を作ったっきり会社が潰れてしまって最初で最後の作品になってしまったとのこと。
それが珍しかったので、30年かけてようやく探し出したバイクらしい。

85722fc8.jpeg

三村「凄い渋いっすね!」

確かにレトロ感ムンムンのバイクだ。

ご主人「中学生くらいからオートバイが好きで、スタントマンも一時やってました」

d3e9037a.jpeg

大竹「そうなんすか!?ていうことは、何か作品にも出てるってこと?」

46fe96c0.jpeg

なんと、あの伝説の不良番長シリーズにスタントとして出演していたのだこのご主人。
ゴイスー。
聞かないと分からないものだ。

大江「ポスター見ましたよね」

そうなのだ、三茶でポスターだけは見ていたのだ大江も大竹も三村も。

bca0f0e7.jpeg
女優がパイモロしており、ビーチクが☆印だったあのポスター

思わぬところで繋がったわけだ。面白いなぁ。

a4384080.jpeg

ここでいったんおしまい。
目白(2)に続く。


<<訪れたお店>>

【メルヘン商会】
東京都豊島区目白2丁目3-2
03-3982-0395

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
これまでのモヤさま
最新コメント
最新トラックバック
Copyright © モヤさまにあ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]