忍者ブログ
++ モヤモヤさまぁ~ず2のレポ中心 ++
[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007年12月14日放送。

冒頭、カメラを回した途端に電車が通った。
通常のロケでは一旦止めるが、モヤさまは続行する。
それがモヤさま。

hik1_001.jpg

大竹「俺、下北沢で5回くらい引っ越してますから」

だから北沢関係は任せて!と言いたいのかと思ったらそうでもないらしい。
つーことで、今回は東北沢をブラブラ。

hik1_002.jpg

歩いてすぐに、モヤ店を発見。
リーガルの文字があり、置いてある商品も値下げ値下げでお買い得。

hik1_003.jpg

集金カバンの自家製って聞かないなぁ。でも安い。

三村「ここリーガルショップなの?」

hik1_004.jpg

お店に入ってみると、商品の置き場がほとんどなく入ってすぐ作業場。

店主「仕事はないけどね、息してるだけでもありがたいよ」

91歳というご高齢のご主人がおり、笑っていいんだか悪いんだか分からないことを言った。

大竹「リーガルって書いてあるけど、関係あるの?」

店主「昔ね、リーガルばっかり売ってたの。安く売っただろ、(リーガルが)文句を言いやがった」

大竹三村「リーガルが」

店主「それで辞めちゃったんだよ」

hik1_005.jpg

hik1_006.jpg
揉めちゃった

大竹「揉めたのに、店の名前はリーガルなんだね」

hik1_007.jpg

大竹三村は革ジャンを試着。
大江は・・

hik1_008.jpg
行ってきます

大江だと可愛いのに、三村が被ると・・・

hik1_009.jpg

昭和顔の軍人顔。
でもマジで戦争モノのドラマで三村を起用すると良いと思う。

大江「三村さん似合いますねー」

店は相当アバウトに経営しているらしく

大江「1時から3時半まではグーグータイムなんですか?」

hik1_010.jpg
2時間半、ガッツリ寝る

大竹「分かりましたぁ~」

もう大竹は出たい。
しかし、おっちゃんが帰さない。

hik1_011.jpg

大竹「歌出てきちゃうの?」

hik1_012.jpg
これは長くなる

大竹「そろそろグーグータイムだから・・・」

大江「あと5分でグーグータイムです!」

でもおやっさん、今日はグーグーしない気でいるみたい。
そこで、そっと三村を残して出る。

hik1_013.jpg

大竹「捕まっちゃった」

三村「どうもありがとうございました!」

無理やり逃げた三村。

大竹「聞いているうちに、俺がグーグータイムになっちゃった」

全く失礼な話である。

hik1_014.jpg

そしていつものように、路地に退避。

hik1_015.jpg
この道のくねり方、昔は川だったに違いない

路地にもモヤ満載。

hik1_016.jpg
超未来型のインターフォン

ちなみにキーボードは押せない。

hik1_017.jpg

路地を進んでいくと公園に出た。

hik1_018.jpg
恐竜がお出迎え

大江「可愛いですね~」

すると大江が恐竜の中に入っていってしまった。

大竹「やっちゃうの?大江やっちゃうの?」

hik1_019.jpg
出てきた

hik1_020.jpg
滑った

大江はキャハハと大ハシャギ。

hik1_021.jpg

大江「これ楽しいですっ」

続いて三村。

hik1_022.jpg

hik1_023.jpg

hik1_024.jpg

三村「のぉあー!」

大江「キャハ!」

意外と相当テンションが上がる仕様らしい。

三村「上から見るとドキドキした!」

今度は大竹。

hik1_025.jpg

滑って・・・

hik1_026.jpg
大竹も納得

今度はこれ。

hik1_027.jpg

hik1_028.jpg

これ、痛いんだよなぁ・・。
まともに歩けやしない。

hik1_029.jpg

三村「いてぇ!」

大竹「いってぇ!」

大江「うぉ~!」

hik1_030.jpg
大江も痛い

hik1_031.jpg

進んでいくと、より刺激ックスな部分があり、そこを通らないといけない仕様になっていた。

大竹「怖いそれ!」

三村「いってぇ~!!ここヤベェいってぇ~!!」

hik1_032.jpg
悶絶

hik1_033.jpg
大竹も悶絶

大竹「バカいってぇ!!」

hik1_034.jpg

もちろん大江も悶絶。

大江「いぃぃぃぃぃ~!ぬぉぉ~・・!」

hik1_035.jpg
足裏が老化中の3人

大江は大丈夫そうなのに、足裏は弱点だったみたい。

hik1_036.jpg

町案内の看板を見ると、ライバル会社の名前を発見。

hik1_037.jpg

フジテレビを探しに行く。
途中、路地に親切にイスが置いてあったので、これに三村が座ると水が染み出してきてジーンズが濡れてしまった。

hik1_038.jpg
休憩の際、水漏れに注意のあずまの椅子

そしてついに、ライバル会社を見つけた。

hik1_039.jpg

大江「ホントにあるんですね」

大竹「どういうこと?」

hik1_040.jpg
通行人からの声援をスルーする大竹三村

三村「他局はまずいんじゃないの?」

hik1_041.jpg
中の人が手を振ってきた

大竹「あのフジテレビじゃないと思うよ」

三村「若干品がないじゃない、あの人たち・・・フジテレビのダメな社員を、ここに全部放り込んで・・・」

hik1_042.jpg

hik1_043.jpg

本家からクレームが来ないのかと思ったが、気になってwikiを見ると本家は株式会社フジテレビジョン。
テレビジョンが付いてないからオッケーか。

結局、社内には入らず別路地に移動。

hik1_044.jpg
猫嫌いの為にアクエリアスを過剰摂取

そしてその先に、床屋が出現。

hik1_045.jpg

大竹「おじさんが凄い笑顔で見てるから・・」

hik1_046.jpg

すごい笑顔なので入らないわけにはいかない。
するとご主人、こんなことを言った。

ご主人「昔はね、三村さんの頭も刈ったことがあるかもしれない」

三村「えー!?」

大竹「どっか他でやってたんですか?」

ご主人「目黒」

hik1_047.jpg
同時に千石。さすがコンビ

hik1_048.jpg

三村「俺、しばらく千石通ってました」

大江「ホリプロのそばの・・・」

ご主人「後ろが難しいのね」

hik1_049.jpg

三村「癖っ毛なんです」

大江「へ~!」

ご主人は覚えているのに三村は全くご主人の顔を覚えていなかった。仕方ないけれど。

hik1_050.jpg

バカルディ時代に三村の頭を刈っており、その頃は大人しい人だったとバラされた。

hik1_051.jpg

この後、チェリーという場末のスナックに入って軽くいじって終了。
東北沢(2)につづく。


<<立ち寄った場所>>

【手作り革工房リーガル】


【大山児童遊園地】
東京都渋谷区大山町6-8

【フジテレビ】
東京都世田谷区北沢3丁目5-9

【町の床屋さん なお】


【チェリー】
http://www.higashikitazawa-shouwakai.com/shop.html
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
これまでのモヤさま
最新コメント
最新トラックバック
Copyright © モヤさまにあ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]