忍者ブログ
++ モヤモヤさまぁ~ず2のレポ中心 ++
[129]  [128]  [127]  [126]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年12月5日放送。
蒲田最終編。

ka3_001.jpg

前回、おもちゃを無駄にたくさん買ったので、それで遊ぶところからスタート。
多摩川土手で遊ぶことになった。

ka3_002.jpg

土手には京急、JRの高架があるのだが、特に京急の高架は異常に低いところに面している箇所がある。

ka3_003.jpg

スタッフ「電車きました!」

ka3_004.jpg

大江「あ~~!!凄い!!」

ka3_005.jpg
ゴーーーー!!

大竹「スゲーな!」

ka3_006.jpg

三村が幼稚なことを言い出した。

大竹「それスケルトンじゃねぇか!」

大江「電車のおなかが見えます!」

ka3_007.jpg

電車マニアにはたまらん場所なのではないだろうか。
更に電車を待つ3人。
特に大江はワクワク感いっぱいの様子。

ka3_008.jpg
電車が通る下でわちゃわちゃ動く3人

三村「うわー!怖ぇ!!」

大竹「すげぇ怖ぇ!」

電車は堪能したので、土手に下り公園でおもちゃを試す。

ka3_009.jpg

まずは気球のおもちゃから。

大竹「屋内専用って書いてあるけど、外でやる?」

三村「何でよ~く読まねぇの?そういうとこ」

ka3_010.jpg

ヘリウムを注入していくのだが、これ・・ヘリウムが無くなったら面白くも何とも無いおもちゃだな・・。

何故か気球のデザインが・・

ka3_011.jpg
本格的

ka3_012.jpg
大江もシコシコ頑張る

気球はパンパンになったのだが、せっかくのヘリウムということでお約束。

ka3_013.jpg

ここの件、文字では全く伝わらないのだが、三村の声が見事に変化。

ka3_014.jpg

ka3_015.jpg

大竹も自ら注入。

ka3_016.jpg

変化した。
今度は大江。

ka3_017.jpg

大江にも注入中エロい。

ka3_018.jpg

元々色んな声を出せるので、大江は大した変化を得られず。
物凄く野太くなったら面白かったのに。

肝心の気球はというと・・・

ka3_019.jpg
タロー調子が悪い

大江「頑張って!」

三村「こっちこい、太郎!太郎!」

ka3_020.jpg

しかしやはり屋内専用。
微風でも敵。

ka3_021.jpg
大江が太郎に声をかける

大江「こっちおいで」

そんな大江に対して三村が・・・

ka3_022.jpg
この表情

三村「結局、大江の操作・・」

ka3_023.jpg
ヒモを引っ張り、気球のお散歩状態

大竹「UFOにチェンジします」

三村「はい大誤算!」

ka3_024.jpg
だから屋内用なんだってば

ka3_025.jpg
UFOではない

続いてQFO。
チャイチー動力源が赤外線操作で飛んでいくものだが、それなりに楽しめるらしい。
大竹三村がちょい興奮して飛ばし、続いて大江の出番。

ka3_026.jpg

大江「トォォォー!!」

結果・・・

ka3_027.jpg

三村に直撃。

大竹「もう一回やってみよう」

ka3_028.jpg
危ない位置にスタンバイさせられる

三村「これ何の罰ゲーム?」

ka3_029.jpg
再び直撃

せっかくなので、捏造写真も作ってみる。

ka3_030.jpg

何度もトライした結果・・・

ka3_031.jpg

ka3_032.jpg

ka3_033.jpg

どれも結局失敗。

ka3_034.jpg

大竹「腹減ったよ」

大江「今日は結構歩きましたね」

蒲田駅から多摩川土手まではそれなりに歩くので、往復して寄り道したことを考えると相当歩いたと思われる。
モヤさま、一回も編集しないバージョンを一回放送してくんないかな。

すると、大竹三村には見覚え聞き覚えのあるお店が現れた。

大江「有名なんですか?」

大竹「有名っていうか・・・」

ka3_035.jpg

三村は食堂には一回も行ったことがないのだが、大竹は一度来たことがあり、何となく覚えているのだとか。

三村「関君家ですか?」

店主「そうです」

ka3_036.jpg

大江「ホントですかぁ!?」

大竹の記憶は正しかった。
ご主人と女将さんは大竹が泊まりに来たことも覚えていた。

ka3_037.jpg
ka3_038.jpg

三村の家には関さんが奥さんと子供を連れて遊びにきたことがあるらしいのだが、結婚の話になった途端、大竹が女将さんに「なかなか結婚しないね」とツッコまれる。

ka3_039.jpg

大竹「ダメ人間です」

女将さん「相当モテてるらしいじゃない」

ka3_040.jpg

大竹「イヤイヤイヤイヤイヤ」

タジタジ。

大江「おなか空きましたね~」

つーことで以下注文。

ka3_041.jpg
大江も腹ペコなのでガッツリ系を注文

ka3_042.jpg
食べる。

揚げたてサクサクでおいしいので、おすそ分け。

ka3_043.jpg

これが悲劇の始まり。
1枚ずつあげちゃうものだから、白米とのバランスが崩れて、そして・・・

ka3_044.jpg

野菜だけになっちゃった。

ka3_045.jpg

大竹「俺ら食っちゃったからだろ?」

大江「いえいえ。おしんこがありますから」

すると大江がお新香に醤油をかけた。
それを見た大竹三村が「濃い味好き?」と質問。

大竹「珍しいな、女の人でそんな濃い味好きなの」

三村「白米のその連続食いなに?」

ka3_047.jpg
二人が遠慮しないでおかず食っちゃうからだろ

超腹ペコだったのに、後半ずっと白米だけって・・・。

ka3_048.jpg


大江「暗くなる前にサイコロ振っときますか」

さて出目は・・・

ka3_049.jpg

まずは大竹の尻の硬さを確認。

ka3_050.jpg

大竹「何ケツ触ってんだよお前・・」

三村「あん時の・・・」

大江「え!?」

三村「確かあん時の・・・あれ?この感触・・」

ka3_051.jpg

大江「いやっ触られましたっ」

ka3_052.jpg

三村「避けろよ~避けろって・・結果、大江のほうが硬ぇじゃねぇか」

ka3_053.jpg

そろそろ喫茶店タイム。
すると・・・

ka3_054.jpg
見つかった

大竹「チロっちゃう?」

席に大竹が座ろうとすると・・

ka3_055.jpg

ええ?

ka3_056.jpg
!!

客席にカメ。

大江「これ生きてます?」

店主「生きてます、寝てるのよ」

三村「カメは何食べるんですか?」

店主「レタス。あげてみる?」

ka3_057.jpg

大江「わっし!わっし!わっし!わっし!」

大江はカメに興味深々なのだが、大竹三村は飽きる。
すると・・

三村「じゃ、アレやる?」

ka3_058.jpg

ライダーキックで相手を倒すのだが、これが上手いこと空振り連続。

ka3_059.jpg

三村「何で上手いこと当たらないんだよ!」

ka3_060.jpg

いつの間にか三村が操縦するライダーが敗れた。
イマイチ分かり辛い。

大江「あっ、とれ高OK出ました」

三村「出た?終了だね」

大竹「色んなことやったから覚えてない。何にも」


これにて蒲田編オール終了。


<<立ち寄った場所>>

【双葉食堂】
JR蒲田駅東口から6~7分、呑川の橋を渡って大田区立蒲田小学校の
裏手の商店街の端にあるらしい。

【喫茶チロル】
東京都大田区西蒲田5-18-16

以下、蒲田の地図。間違っているかも知れないが立ち寄った場所をマーキング。

より大きな地図で モヤさま 蒲田編 を表示

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
これまでのモヤさま
最新コメント
最新トラックバック
Copyright © モヤさまにあ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]