忍者ブログ
++ モヤモヤさまぁ~ず2のレポ中心 ++
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年6月27日放送。
大江の乳首探しの旅。


yane2_001.jpg

大江が化粧水の犠牲になる直前からスタート。

ご主人、差し出した大江の手に容赦なく化粧水を大噴射。

yane2_002.jpg

大江「うわーー!!目に入ったちょっと待って!」

三村「うぇぇ~・・・」

臭いにえづく三村。

大江「ヒィィィー!」

yane2_003.jpg
ガンガンスプレー

ご主人「マッサージして!」

咳き込む3人。

yane2_004.jpg

ご主人「お酢もあるけどね、体臭が出るんですよ」

yane2_005.jpg
大江の体臭は酢の香り

yane2_006.jpg

今度は慌しくティッシュでガンガン拭かせるご主人。
なーんかおかしいな。
ティッシュをガンガン渡してくる。

大江「こんなにたくさん・・・」

ご主人「一生懸命拭いてるのはね、乾かしてるんですよ。除去する為」

ガンガンティッシュを渡す。

yane2_007.jpg
なのでティッシュはもったいなくない

大江「も、も、もう、結構・・」

yane2_008.jpg

yane2_009.jpg
散乱するティッシュ

ご主人も手伝ってとにかくガンガン拭く。

ご主人「スベスベになったでしょ?」

大江「す・・・スベスベになったと・・・思います」

元々ベトベトだったわけじゃないしなぁ。

真相を確かめるべく大竹も大江の腕を触るのだが・・・

yane2_010.jpg
日焼け止めが落ちただけなんじゃ・・

三村も確認するが、同様の反応。

三村「結構酸っぱめの臭いしてましたね?」

ご主人「臭いは消えたでしょ?もう」

臭う大江だったが・・・

yane2_011.jpg

まだ残る残留臭。これを大江、素敵な表現をした。

大江「インコの餌みたい・・・」

大竹「何が入ってるんですかこれは」

yane2_012.jpg
聞き覚えのないものがたくさん入っている

ご主人、今度は飲み物を持ってきた。

yane2_013.jpg
あっぶねー

ご主人によると、化粧水とこの飲み物は全く同じものだという。

yane2_014.jpg
こえぇ

この怖い汁をオススメするご主人。

yane2_015.jpg
知らない液体を飲むのが怖い

yane2_016.jpg

初めてのものが恐怖な大竹は、

大竹「ちょっと飲んで、三村さん」

yane2_017.jpg
えづく

大江「でも、でも・・想像していた程ではない」

yane2_018.jpg

大竹「・・・なるほどね」

yane2_019.jpg

大竹の「分かりました」 「なるほど」発言は、もうイイヤの合図。

ご主人「女の方の前でこんなこと言っちゃいけないけどね・・・」

と、ご主人が語ったのは、男性的な部分が元気がなく嫁さんに拒否されてどうしようという男性の話だった。
そこでこの魔法の化粧水をオススメしたら、何と今度は・・・

yane2_020.jpg
絶倫

三村「ちょうだいちょうだいと!?」

三村にスイッチが入った。

yane2_021.jpg
まだまだ現役でいたい三村さん

大竹「そこに対しての執着凄いなお前!」

精力の前に膝を完治させよう。

yane2_022.jpg

yane2_023.jpg

谷中銀座を通ると「モヤモヤだ」と声を掛けられるのだが、あまりにもメジャーすぎるのでいじれない。

yane2_024.jpg

商店街の食べ物臭をかいでしまったので、腹が減ってしまった一行。
早速お店を見つけた。

yane2_025.jpg

店名がかわいいので、もちろん入店。

三村「ここ長いんですか?」

ご主人「長いです。38年目です」

三村「ちょっとハイカラな名前ですよね」

yane2_026.jpg
カッコイイ名前

yane2_027.jpg

色々迷って、以下オーダー。

yane2_028.jpg

まず最初に運ばれてきてスープをごくり。

yane2_029.jpg

三村「すげーうめぇ」

スープの音だけが聞こえる店内。
すると大竹がひと言。

大竹「お葬式?これ」

yane2_030.jpg

そしてついに料理が登場。
どれも旨そうである。

yane2_031.jpg
黄金セット

3人とも大絶賛。
下町の洋食屋って、何だかイイな。

yane2_032.jpg

店を出て路地を進んでいくと、古い文具店が見えてきた。
文具店といっても文具専門というわけではなく、おもちゃも売られている。

大竹「シャボン玉もあるよ」

大江「あ!いっぱいあります~、シャボン玉大好きなんです!」

三村「これはどう?触れるシャボン玉」

大江「えー!!私これ絶対買っていきます!」

大竹「それ買おう、いっぱい」

大江「魔法です魔法です」

触れるシャボン玉は結構以前から発売されてたけどな。

yane2_033.jpg

大江「買いましたよ♪」

シャボン玉を買えて声がウキウキの大江。

yane2_034.jpg

早速、店前でシャボン玉を試してみることに。

yane2_035.jpg

yane2_036.jpg

大竹が吹くとシャボン発生。

しかし触ると割れてしまう。

yane2_037.jpg

大江「わっ、ネチャネチャしますこれ」

そう、触れるシャボン玉は割れると割カスが残ってしまうのだ。
家の中で大量に吹いたり、洋服や髪の毛に大量に付くと少々気持ちが悪い。

しかしようやくくっ付いた。

大江「顔に付いてます!」

yane2_038.jpg

すると大江は三村の後頭部に向けて乱射。

yane2_039.jpg

お互いにシャボン玉をくっ付けてやろうと夢中になり過ぎて、三村が降参。

yane2_040.jpg

つづいて試すのはこれ。

yane2_041.jpg

しかしこれは子供だまし。
笛の音量がチャイチー過ぎて、緊急時に全く役に立たないことが判明。

大江「じゃあここで、サイコロ振っていきますか」

さて出目は・・・

yane2_042.jpg

早速三村は大竹の唇を攻撃。

yane2_043.jpg
仰け反る大竹

三村「たまんなかったから」

yane2_044.jpg

大江「うわぁー」

三村「もう1回もう1回」

続いての出目は、三村がどうしても出したかった目を、イカサマで出したものだ。

yane2_045.jpg

大江「ダメダメダメ」

と言いつつ、大江は早速、乳首を探し出す。

yane2_046.jpg

大竹「何探してんの?」

yane2_047.jpg

三村「落っこちゃったの?」

大江「はーい」

大竹「これじゃねぇの?」

大竹が拾ったのは葉っぱ。

大江「これですかぁ?」

三村「これじゃねぇの?」

黒い石を手にした。

三村「この黒み・・この」

大竹「サイズ・・」

三村「サイズはこんくらい?」

大江「いいえ、もっとちぃ・・」

気が付いたのか、途中で言葉を切った大江。

三村「ああここに付いてたわ」

yane2_048.jpg
真っ黒

yane2_049.jpg
黒ではない

大竹「これじゃねぇ?」

yane2_050.jpg

大竹「何が違う?」

大江「胸より大きいんじゃないですかこれ」

アメリカンサイズ。

大竹「色は?」

yane2_051.jpg
大江の色が判明

三村「人肌ってどういうことだよ。そのまま家に帰れないだろ?」

大江「そうですよねぇ・・腐っちゃう」

腐るって。

三村「大江!!これじゃないの?めりこんじゃって動かせないけど」

yane2_052.jpg

大江「ちょっともう」

yane2_053.jpg

大江「なって、なってない・・」

yane2_054.jpg

大竹「先っちょバッテンなってるかなってないか教えてくんないと」

yane2_055.jpg
通常バッテンっぽいと思うけど

yane2_056.jpg

大江「それ三村さんの」

yane2_057.jpg

yane2_058.jpg
三村最大の性感帯

大竹「デカくねぇ?」

三村「男にしてはデカくねぇ?」

大竹「立ってねぇ?」

大江は笑うしかない。

谷根千(2)はここまで。(3)に続く。


<<立ち寄った場所>>

【キッチンマロ】
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/304040/

【戸田文具店】
東京都文京区千駄木2-4-8
03-3821-2889
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
これまでのモヤさま
最新コメント
最新トラックバック
Copyright © モヤさまにあ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]